男子プロ 永久シード権保有者は?


国内男子ゴルフツアーでは、1973年のツアー制施行後に通算で25勝したプレーヤーに「永久シード権」が与えられます。ツアー公式試合の通常のシード権 は、前年の賞金ランク上位選手やメジャー大会優勝者など一定の規定を満たした者に有限のシード権が与えられるが、永久シード権保有者は公式試合への出場権 を恒久的に持つ事になります。

 

尾崎 将司   尾崎 将司 (1947年~ )  通算112勝  (ツアー施行後94勝)
中嶋 常幸   中嶋 常幸 (1954年~ )  通算59勝  (ツアー施行後48勝)
青木 功   青木 功 (1942年~ )  通算56勝  (ツアー施行後51勝)
杉原 輝雄   杉原 輝雄 (1937年~2011年 故人)  通算54勝  (ツアー施行後28勝)
倉本 昌弘   倉本 昌弘 (1955年~ )  通算34勝  (ツアー施行後30勝)
尾崎 直道   尾崎 直道 (1956年~ )  通算32勝  (ツアー施行後29勝)
片山 晋吾   片山 晋吾 (1973年~ )  通算28勝

 


頑張れ~!!

谷口 徹19勝 藤田 寛之18勝 池田 勇太12勝 石川 遼11勝